マカの若返り効果と天然ビタミンE・Cで美肌実現

アルギニンが成長(若返り)ホルモンを促す

師岡 孝次 著 2002.4.01 発行
ISBN 4-89295-425-X C2177 文庫サイズ 48ページ 本体 250円(税抜)


マカの有効成分と特性

マカの若返り効果と天然ビタミンE・Cで美肌実現

「アンデス産物の女王」の異名
マカの価値を高らしめているのは、一つには高地の厳しい条件下での成長に耐える食べ物だからです。その昔には、アンデス高地に住む人々の生命力を維持する食物として利用されていたようです。
マカの大きな特徴のもう一つは、豊かな栄養素を含むことです。その豊富な栄養素はアメリカのNASA(米航空宇宙局)の目にもとまり、宇宙飛行士の食料として使われています。
同局によると、宇宙飛行士のような任務には常に体調を保持し、頭脳が明晰ですぐれた反射能力が必要であり、マカならそれが可能だ、ということです。NASAがお墨付きを与えるマカは、現地では「アンデス産物の女王」とまで呼ばれています。

豊富な必須アミノ酸や活性成分
マカの主成分はジャガイモなどと同様に炭水化物ですが、根菜にしては比較的タンパク質に富み、とりわけ各種の必須アミノ酸が多量に含まれています。
また食物繊維をはじめ、鉄分などのミネラル、ビタミンのほか、アントシアニン、テルペノイド、デキストリン、わずかながらアルカロイド、サポニンといった活性成分も含んでいます(出所:ラモン・ソリス・ホスピナル著『ボンボン高原のマカ生産』)。

▼タンパク質・アミノ酸……アミノ酸というユニットが集まったものがタンパク質です。アミノ酸は主要なもので約二〇種類あります。
そのうちの九種類(リジン、メチオニン、ロイシン、イソロイシン、トリプトファン、バリン、フェニルアラニン、スレオニン、ヒスチジン)が体内では作られない必須アミノ酸といわれます。
これらは食品から摂取しなければいけません。
タンパク質は筋肉や内臓の構成成分となり、脳や神経の働きを活性化します。筋肉を強くしたり、病気やけがに対する抵抗力、免疫力を高めます。
▼アスパラギン……某メーカーのドリンクでも知られる成分で、エネルギー代謝に関与したり、スタミナを増強する働きがあります。また、有害なアンモニアを体外に排除したり、神経系を守るアミノ酸です。
▼アルギニン……成長ホルモンの分泌を促し、皮膚などの老化を防止します。また、精子の形成にも必要な成分です。
▼アルカロイド……植物に含まれる塩基性有機化合物で、からだの免疫力を向上させ、自然治癒力を活性化する働きをします。
▼アントシアニン……青紫色の色素で、ブルーベリーに含まれていることで有名ですが、マカにも含まれています。目や肝臓の機能を向上したり、抗酸化作用によって細胞の老化を防ぎます。
▼テルペノイド(テルペン類)……香りや苦みの成分で、鎮静効果やガンの成長を抑制する作用が確認されています。


※図表省略

その他の各種薬用植物関連書籍